• トップ /
  • 家探しで重視したい築年数

家探しで注目したい築年数

家探しで重視したい築年数

家探しでポイントとなる築年数

家探しのポイントとして、築年数があります。戸建て住宅はもちろんのこと、マンション選びでも重要な意味を持ちます。家探しで築年数がポイントとなる理由は、建築基準法の耐震基準の改正が関わっています。建築基準法の耐震基準は、1981年6月以降に建築確認申請を受けた建物については、新耐震基準が適用になりました。特に、鉄筋コンクリート造と鉄骨造に関しては、新耐震基準により建てられた建物は耐震性があります。それ以前の建物は十分な耐震性が得られていない場合があり、耐震診断や耐震補強が必要となる場合があります。木造建築も1981年6月の建築基準法改正により、耐震壁のバランス良い設置が義務付けられました。木造建築はさらに、2,000年にかけて補強金物の基準が順次強化されました。それ以降の建物は現行の耐震基準とほとんど変わらない基準により建てられています。鉄筋コンクリート造と鉄骨造の建物では、1981年が、木造の建物では2,000年が、築年数をチェックする場合のポイントとなります。家探しをする場合はこの年を意識し、それ以前に建てられた建物か、それ以降に建てられた建物かを把握することが大切です。新しい基準で建てられた建物は耐震性が高く、耐震診断や耐震補強をしなければならないリスクは少なくなります。

バックナンバー

家探しの有益情報

↑PAGE TOP